GameGamingGames

【BFV】バトルフィールド5のオープンベータ一般公開前のまとめと発売日変更について

バトルフィールド5

2018年10月19日発売予定だった『Battlefield V(バトルフィールド 5)』(販売Electronic Arts 開発DICE)ですが、現地時間2018年11月20日に変更すると発表しました。

発売日は延期になってしまいましたが、全員参加型のオープンベータ前に、少しBFVの情報をまとめておきたいと思います。

バトルフィールドシリーズ

販売Electronic Arts 開発DICEの、FPS、一人称視点シュ-ティングゲームです。

おなじみのシリーズですね。

32vs32で戦うコンクエストが特色です。

シングルプレイよりもオンラインプレイがメインなタイトルですね。

兵科によって持てる武器やアイテムが異なり、試合中に兵科を変えることができます。

歩兵だけでなく、戦車や飛行機に乗ることができます。他のFPSゲームは歩兵主体のものが多いので、この乗り物もバトルフィールドの大きな特徴の一つです。

操作性がよく、動きがキビキビしています。リアル志向のゲームの動きとは対照的です。

リアル志向のFPSに比べるとリコイルコントロールもそこまで必要ではないので、遊びやすいほうです。BFをプレイした後に、PUBGをプレイすると、反動が強すぎて全然当たりません。というくらいには銃の反動は少ないですね。

その分スピーディな展開と絶えず戦況を見極めながらどの地点で何をするかを考えなければいけないゲームでもあります。

コンクエスト(CQ)について

シリーズ通して、バトルフィールドの代名詞ともいえるモードがコンクエストです。

マップ内にあるいくかつかの拠点を奪い合うゲームモードです。

拠点の数はマップによって様々ですが、だいたい5~7つぐらいです。

拠点に敵がいない状態で、一定の時間、拠点の範囲内にいることで、自分たちのチームの陣地とすることができます。

自分たちの拠点を守るためには、拠点に攻めてくる敵を排除する必要があり、敵の拠点をとるためには、その拠点内にいる防御側を全て倒す必要があります。

倒されてしまった場合、自分たちの拠点からリスポーンすることができるため、拠点をたくさんとっているチームのほうが有利です。

敵味方どちらも点数をもっており、拠点を維持していたり、敵を倒すことによって、相手の点数を減らしていくことができます。0になったチームが負けになります。

敵を倒すことも大事ですが、味方と連携しながら防御の薄い拠点を奪ったり、押されていても要所の拠点を取られないように人を集めて逆転のために耐えたり、など他のFPSゲームとは趣の違う戦いが、コンクエストの特徴でもあります。

このモードをプレイしているだけでも十分面白いです。

Battlefield V(バトルフィールド 5)

発売日が約1か月延期になってしまいましたが、BF1以来の新作がBFVです。

Battlefield1は第一次世界大戦が舞台でしたが、Battlefield Vは第二次世界大戦が舞台となります。

以下、公式ページです。

「Battlefield V」(Xbox One、PlayStation®4、PC)2018年11月20日発売 – EA公式

後述しますが、オープンベータをプレイ後、お伝えできればと思います。

オープンベータ

originのアカウントがあれば誰でも参加できるオープンベータです。

オープンベータ一般公開 9月6日、日本時間午後5時

オープンベータ終了 9月11日、日本時間午後11時

気になっている人はぜひやってみましょう。

ダウンロードは9/3からできますので、先にインストールしておくとスムーズです。15GBぐらいの容量です。

詳細は以下のElectronic Arts公式を参照。

Electronic Arts 「Battlefield V オープンベータ」の告知

https://www.ea.com/ja-jp/games/battlefield/battlefield-5