GameGamingGames

【BFV】バトルフィールド5のコンバットロールと基本4兵科について

Battlefield V(バトルフィールド 5)(発売予定11/20)(販売Electronic Arts 開発DICE)について、公式から発表になった基本兵科4種の情報です。

購入検討中の方は是非以下の公式からご確認ください。

兵科に関してはオープンベータ通りですが、新たにコンバットロールについての記載があります。

兵科は突撃兵、衛生兵、援護兵、斥候兵の4種となります。

コンバットロールとは兵科ごとに用意されている特性となります。コンバットロールでは発売時点で2種類用意されているようです。

このコンバットロールのスキルに、かなり面白いものがあります。斥候兵にある「探索兵」は上手く使うとかなり面白そうですね。分隊としての行動が重視されるBFVではかなり重要な役割になりそうです。

今回公表された情報とオープンベータでの内容をもとにまとめています。発売時には内容が変わっている可能性があります。

■突撃兵 www.ea.com

■衛生兵 www.ea.com

■援護兵 www.ea.com

■斥候兵 www.ea.com

突撃兵

突撃兵の特徴は以下です。

  • 前線で戦う兵科
  • 近距離・中距離戦が得意
  • 対戦車用ガジェット

基本前線で戦う兵科ですね。BF1では武器がSMGでしたが、時代が第二次世界大戦になり汎用性の高いARを持つようになるのがBF1と違うところでしょうか。対ビーグルガジェットがあるのもBF1と同じですかね。

メインウェポン

  • アサルトライフル
  • セミオートライフル

中距離のライフルがメイン武器ですね。

オープンベータではstg44が非常に強かったです。中距離での強さが際立っていましたね。前線を形成して撃ちあう兵科として、拠点突撃等に使いたい感じです。

初期ガジェット

  • ライフルグレネードランチャー
  • 吸着ダイナマイト

コンバットロール

  • 軽歩兵(初期ロール)
    • 漁り屋:倒した敵から弾薬を多く取得できる
    • 歴戦の兵士:ライフの自然回復量が高い
  • 対車両強襲兵(アンロック)
    • 対戦車スポット:ダメージを与えたビーグルをスポット
    • 戦車解体屋:ビーグル破壊による分隊ポイント獲得

BFシリーズの特徴はビーグルや航空機などの乗り物ですが、この2つが猛威を振るうと試合自体が壊れてしまう時があります。ビーグルへの対抗措置がどれぐらい有効なのか、少し気になるところです。

また、オープンベータの印象ですが、初期弾薬の少なさはかなりしんどかったので、コンバットロール軽歩兵の敵から拾える弾薬が増えるのは少し期待したいところです。増加量によっては意味ないかもしれませんが…。

衛生兵

衛生兵の特徴は以下です。

  • 蘇生(分隊以外も可能)
  • 回復アイテムの配布
  • 近距離・中距離戦が得意

こちらも前線に立つ兵科ですが、立ち回りとしては回復役です。BF1ではライフル系でしたがこらちではSMGが基本武器になっています。

分隊同士だとどんな兵科でも蘇生できますが、素早く他の分隊の味方も蘇生できるのは衛生兵になります。また回復アイテムを配ることにより、様々な恩恵があるようです。

メインウェポン

  • サブマシンガン(SMG)

SMGは、オープンベータでは筆者にとって一番使いやすい武器でした。

反動が少ないのでリコイルコントロールをあまり気にする必要がなく、そこそこの距離まで撃ちあえ、近距離では連射力で戦える、というのは大きかったです。BF1のとき、突撃兵を主体に戦っていたのですが、その時の武器と使い勝手が似ていました。それも理由の1つかもです。ただ、中距離で撃ちあえばstg44のほうが強いので、交戦距離は近めになりますね。

初期ガジェット

  • 医療袋
  • 発煙弾ランチャー

コンバットロール

  • 戦場医(初期ロール)
    • 癒し手:回復アイテムを渡すと追加の要請ポイント
    • 救急医療:倒れている味方をスポットするとダッシュ速度が上がる
  • 野戦衛生兵(アンロック)
    • 格闘手:格闘攻撃が即死攻撃
    • 緊急退避:ライフが少ないと移動速度が上がる

回復アイテムを渡したり、蘇生の意思を示すことによって、全体にバフをかける形になる戦闘医と、自身り安全確保がしやすい野戦衛生兵のコンバットロールが紹介されています。

早く使ってみたいですね~。

援護兵

援護兵の特徴は以下です。

  • 分隊の補給
  • 設営

初期弾薬が少なく、今作では継戦能力が下がり気味なのですが、そこを補えるのが援護兵です。軽機関銃で弾をばら撒きながら前線を支援しつつ、味方への弾薬補給ができれば、前線をどんどん押し上げて行けそうです。

メインウェポン

  • 軽機関銃(LMG)
  • 中機関銃(MMG)

初期ガジェット

  • 弾薬袋
  • 対戦車地雷

コンバットロール

  • 工兵(初期ロール)
    • ビークル修理工:ビークル修理、構築物の設営が早い
    • 重火器エキスパート:固定武器等のオーバーヒートが遅くなる
  • 機関銃手(アンロック)
    • 銃弾の嵐:制圧効果の強化
    • 集中攻撃:完全制圧状態にした敵をスポットする

制圧、という効果が今のところよくわからないですが、設営が早くなるため拠点防衛力が上がりますね。固定武器のオーバーヒートが遅くなる、という特徴も防衛や前線維持に一役買いそうです。

弾薬の補給と合わせて、全体支援としての立ち回りをすると良さそうですね。

斥候兵

斥候兵の特徴は以下です。

  • ガジェットでスポットが可能
  • 中・長距離戦が得意

メインウェポン

  • ボルトアクションライフル
  • 自動装填ライフル

スナイパーライフルがメインの武器ですね。中~長距離武器です。ただオープンベータではstg44が中距離で非常に強く、ある程度距離があっても、下手な立ち回りをしたり、ヘッドショットに失敗するとスナイパーライフルのほうが弱くなってしまいました。本番でのバランス次第では気を付けたほうがよさそうです。

初期ガジェット

  • スポットスコープ
  • 跳躍地雷

コンバットロール

  • 狙撃兵 (初期ロール)
    • 集中力:ADS時、長く狙いが安定する
    • 精鋭射撃手:ヘッドショットキルをすると、息止め時間が回復する
  • 探索兵 (アンロック)
    • 前線偵察:味方の全分隊長と出撃ビーコンから出撃
    • 先遣隊:自分が設置した出撃ビーコンが使われるとと要請ポイント獲得

探索兵の出撃系のスキルは使い方によっては強そうで楽しみです。BFは分隊員から出撃できるのが特徴ですが、それを上手く使って、一人が良いポジションを取り、そこから分隊員が湧き出るムーブが結構強いのですが、その出撃位置を全ての分隊長まで拡大できるとなると、かなり面白そうです。狙撃兵のほうは有利ポイントを長距離から守る芋的なスナイパーが強そうですが、探索兵のほうはかなりアグレッシブに動けそうですね。