GameGamingGames

【CoD:BO4】バトルロイヤルモード「ブラックアウト」オープンベータの感想

Call of Duty: Black Ops 4 BlackOutオープンベータ

Call of Duty: Black Ops 4(コール オブ デューティ ブラックオプス 4)』のバトルロイヤルモード「BlackOut(ブラックアウト)」、オープンベータをやってきました。

今までのバトロワゲームの、これはなんかちょっとな~と思う部分をほぼ潰してきたかなり良いFPSバトロワになっています。各種バトロワゲームをかなり研究したきた印象ですね。後発ならではの優位を生かしてきた形です。いくつか差別化の要素もあり、今後の展開次第では期待がもてる内容です。

長所

  • 操作感がとても良い
  • 回復が早い
  • 蘇生が早い
  • 武器の扱いやすさ
  • 広すぎないマップ

普通にやっていてストレスを感じる部分が少ないゲームでした。面白いと思う要素はいろいろありますが、独自要素というよりは、他のバトロワと似たような要素の中で、いくつか長所を上げてみました。

操作感がとても良い

全体的な操作で、ストレスを感じる部分がとても少ないですね。

他のバトロワゲームをやっているから、という理由もあるかと思いますが、それを差し引いても、かなり良い操作感です。

回復が早い

回復がとても速いです。

また、走りながら回復できます。

これが思った以上にストレスフリーなのです。

回復アイテムは3種類あり、体力を25回復させる応急処置、50回復させる医療キット、MAXまで回復できさらに最大ヘルスを200にできる外傷用キットがあります。

この25を回復させる応急処置は、どこに行ってもたくさん落ちているので、すぐに数が手に入り、かつ回復も早いため、先手を取られても射線を切ることができれば回復して、すぐに撃ちあいに望めます。他のバトロワゲームでは、先手を取られてヘルスを大幅に減らされると、たとえ生き残ったとしてもかなり不利な状況になります。

しかしBlackOut(ブラックアウト)は回復アイテムのスポーン量と回復時間の速さで、継戦能力を補う形になっていますね。バトロワゲームはキルさせたら終わりなのですが、何もできずにやられたというマイナスな体験を少しでも減らす要素として、回復の速さは有効なんだな~と実感しました。

蘇生が早い

こちらはデュオ、スクワッドの場合ですが、一度ダウンした味方を蘇生することができます。

その蘇生がまた早い。

回復の速さと同じですが、これも何もできずにマッチが終わってしまったという確率が下がるので、ゲームに対する心象が良くなります。

ダウン⇒蘇生⇒回復の流れがスピーディなので、すぐに数的不利をもとに戻すことができます。

ただ、その分先手をとれた側は、他のバトロワゲームとは違う判断が必要となります。蘇生が早いということは、できるだけ早く止めを刺さないと、逆にすぐに復活されてしまうということでもあります。

ダウンした敵の対処をどうするかは他のゲームとは少し違った判断が必要になるシチュエーションが出てきます。

武器の扱いやすさ

Call of Duty: Black Ops 4 BlackOut武器の扱いやすさ

武器の扱いやすさはCoDならではの感じです。

ただ通常のモードとは違い、BlackOut(ブラックアウト)には偏差があります。と言っても中距離までは偏差なしで撃てますので、偏差を考えるのはスナイパーライフルぐらいですね。

従来のCODの特徴を生かしつつ、バトロワ特有のマップの広さに対応している形です。後述するスナイパーライフルの強さを「長距離では偏差が必要」という要素で多少緩和している感じですね。

広すぎないマップ

BlackOutゾンビ

マップのバランスが良いですね。

広すぎず、狭すぎず。

当初88人でしたので、ちょうど良い感じがしました。

最後、少し100人でやっていましたが、今後の展開によっては少し狭いと感じるかもしれません。

短所

  • アーマーのバランス
  • スナイパーライフルのバランス
  • アイテム画面のUI
  • 特殊武器の切り替え
  • マズルフラッシュで相手が見えづらい

やはり多少バランスとしてまだ調整中なのかな~という部分がありました。オープンベータ中にも何度か調整は入っていましたね。

アーマーのバランス

[f:id:gamegg:j:plain]

BlackOutアーマー

最初期、アーマーが強すぎて多少修正が入ったようですが、それでもアーマーがちょっと強いですね。アーマーの差が撃ちあい時の強さに直結します。

アーマーはライト・ミディアム・ヘビーの3種類ですが、ヘビーが相手だと硬くて硬くてなかなか勝てないです。近距離で弾をばら撒きながら戦う場合はアーマーの強弱で勝敗が決まります。中距離までの撃ち合いでもやはりアーマーが固いほうが有利ですね。自分がアーマーを持っていない場合、このアーマーをはがさないと勝機がありません。

アーマーは回復アイテムに比べると少ない気がします。回復アイテムは2、3件の建物をあさればほぼありますが、ライトアーマーですら、2、3件では出てこないことも多いです。

どのバトロワゲームでもそうですが、ヘルス以外のダメージ軽減手段が手に入らなかった場合は、圧倒的に不利になってしまいます。BlackOut(ブラックアウト)は少しその比重が強い印象ですね。

今後も調整が入りそうな項目です。

ちなみに撃った相手がアーマーを着ている場合、弾を当てると画面にアーマーのアイコンがでます。着弾の音も少し違う音がします。それで判別ができます。

BlackOutアーマーダメージ

スナイパーライフルのバランス

スナイパーライフル、強いですね。

他のバトロワゲームに比べると偏差を気にするケースが少ないのと、ヘッドショットの判定が現状では少し甘い気がします。

ただ、CODのキャラは動きがスピーディーかつあまり止まらないので、じっくり狙ってヘッドショットというシーンは少ないかもですね。

別の敵を止まって狙っている相手を遠くからスコープを除いてヘッドショットでキル、というのがスナイパーライフルのいいところですが。

また、さすがに長距離では偏差が必要ですのでそのあたりでバランスをとっているような印象でした。

アイテム画面のUI

BlackOutアイテム画面のUI

ちょっと見づらいですね。

アイテム自体を拾うのはスムーズなのですが、アイテム画面はちょっと使いづらいです。

パークとか小さいとどれがどれだかわからなくなるのでもう少し画像が大きいといいな~と思いました。

特殊武器の切り替え

グレネードとかの切り替えですが、アイテム画面を開かないと変えられないので、ここをキーバインドで変えられると楽だな~と思いました。フックからグレネードにすぐ変更するとかは難しくてできませんでした。

ワイヤートラップやラジコンカーなど面白いギミックがたくさんあるので、ここが使いやすくなるとさらに戦略の幅が広がりそうです。

マズルフラッシュで相手が見えづらい

■射撃前

Call of Duty: Black Ops 4 BlackOutADS

■射撃中 [f:id:gamegg:j:plain]

Call of Duty: Black Ops 4 BlackOutマズルフラッシュ

武器にもよりますが、自分で撃っている銃のマズルフラッシュが思いっきり視界を塞ぎます。特に近距離で顕著です。中距離だとそこまで気にならないんですけど…。

画像はまだ見えてるほうですね~。武器によってはもっと見えづらいです。

これのおかげで近距離だととても慌てます。

基本ルール

Call of Duty: Black Ops 4「BlackOut(ブラックアウト)」はスタンダードなバトルロイヤルゲームです。

最後に1人or1チーム残ったら勝ちです。

モードは1人のソロ、2人のデュオ、4人のスクワッドです。

オープンベータでは最大88人でしたが、最後に数時間延長した際に100人になりました。

ロビー~待機

ロビーでモードを選ぶとゲームがスタートします。

人数が集まるまで、待機時間となります。

待機中のマップにも武器が落ちているので、試し撃ちができます。

ヘリコプター

[f:id:gamegg:j:plain]

BlackOutヘリコプター

BlackOutウィングスーツ

ゲームが開始すると、ヘリコプターで上空からスタートとなります。

任意の場所で、ヘリからジャンプし、ウイングスーツで降下します。

降下

BlackOutパラシュート

BlackOut警告 ]

ある一定の高度まで降下すると、パラシュートが開きます。

パラシュートを操作しながら、目的の場所に降ります。

マップの範囲外に出てしまうと警告がでます。

物資集め

BlackOut物資集め 回復

BlackOut物資集め 武器

BlackOut物資集め 場っパック

武器やアーマー、回復やパークなど、基本アイテムはマップ内にランダムでスポーンしているので、それを拾い集めることから始めます。サイトやスコープ、グリップなどのアタッチメント類も同様にランダム沸きです。

基本屋内や、施設内に落ちていることが多いです。例外として、救援物資やゾンビを倒した時のスポーンなどもあります。

建物の密集地や街は物資が多いですがその分人も多く降りてくるため激戦区になります。初心者のうちはそういった場所は避けるのが良いです。撃ち合いがしたい場合は激戦区に降りることになりますが、武器はランダムスポーンなため、何もできずに敵に倒されてしまうことも多くなります。

戦闘

BlackOut戦闘

[f:id:gamegg:j:plain]

BlackOutキル後のドロップ

武器を集めたら戦闘です。

大きな街は多くの人が降下するので、すぐにバトルが始まります。そうでなければ、ある程度アイテムを集めたら、進行方向や後方の安全を確保するために、敵を索敵して倒します。

また敵同士がやりあっているところを横から倒す(漁夫)も強いです。隠れてやり過ごすのもありですが結局どこかで戦うことになります。

敵をキルすると、アイテムを全て落とします。バッグの形で落ちるので、それを開けるとインベントリが開き、敵のアイテムを取得できます。戦闘後は弾や回復アイテムを消費しますし、敵を倒すことによってそれらを補給できます。強い武器を持っている場合もあるので、目当てのものがあればどんどん持ち替えていきます。

セーフゾーン

バトロワゲームの特徴の一つに、セーフゾーンというものがあります。

これは安全に動ける地帯のことですが、こちらの範囲が時間経過によって縮まっていきます。セーフゾーンの外にいると、ダメージを受けます。

BlackOutのマップとセーフゾーン

白い円がセーフゾーン、青い円の外が危険ゾーン(ダメージを受ける地帯)、白い円の外で青い円の内側が、次の危険ゾーンになる場所となります。一定の時間が来ると、青い円が縮んでいき、白い円と重なります。するとランダムでまた次のセーフゾーンが決まり、今までの白い円が青い円に変わります。

BlackOutのマップとセーフゾーン2

これを繰り返しながら、セーフゾーンが狭くなっていくことにより、生存者が集まってくるというゲームシステムになっています。

危険ゾーンのダメージが自分が思っていた以上に大きかったので、ギリギリを攻めるムーブをして敵に出会うと、たとえ勝ったとしてもセーフゾーンに入れず間に合わない、といったことがありました。思っていた以上に際を狙った動きをしている人が多かったから…というのもありますが。

ゾンビ

BlackOutゾンビ

マップにはゾンビが出現する場所が数カ所用意されています。現状固定のようです。

ゾンビは倒すと武器やアイテムをスポーンすることがあります。

また、ゾンビが出る場所にはアイテムボックスが出てきます。ゲーム中に青い光の柱が出てくる場所が目印になります。

アイテム

「BlackOut(ブラックアウト)」は武器・回復・グレネードなどの投擲武器・トラップなどに加えて、パークと呼ばれる時間制限ありの特殊能力が使えるアイテムがあります。

それらを駆使して1位を目指すことになります。

武器

武器にはAR(アサルトライフル)、SMG(サブマシンガン)、LMG(ライトマシンガン)、TR(タクティカルライフル)、SR(スナイパーライフル)、SG(ショットガン)、HG(ハンドガン)があります。

基本中距離でAR、近距離でSMGを使う運用をしていましたが、少し使ったショットガンが思っていた以上の距離でダメージが入りました。最序盤はショットガンも良いかもですね。

ただ最終はARとSRに落ち着きました。

ARだとRAMPART-17と、VAPR-XKGが使いやすかったですね。ただ、VAPR-XKGは遠距離よりの中距離が使いやすかったです。近距離寄りになると撃ち負けました。威力が低い気がしますね。

SRはPALADIN HB50もKOSHKAもどちらも強いと感じましたが、どちらかといえばPALADINのほうが使いやすかったです。

このあたりは販売後にどんどん調整されていくと思うのですが、良いバランスにしてくれるといいな~と思います。

回復

BlackOut回復アイテム

回復は3種類あり、体力を25回復させる応急処置、50回復させる医療キット、MAXまで回復できさらに最大ヘルスを200にできる外傷用キットです。

長所の部分でも書きましたが、移動しながら回復できて、かつ回復自体が早いのでとてもやりやすいです。

パーク

BlackOutパーク

特殊能力のパークが使えます。

BLACKOUTでのパークは消耗品で、使用しないと効果が発動しません。また効果には時間制限があります。

しゃがみ移動の速度が上昇するドリフターや、回復速度が上がるメディックなど様々な効果があります。

ベータではどのタイミングで使うのが良いのか、まだイマイチ判別できませんでした。最初の段階で敵がたくさんいる場所に降りたときはすぐに使ったほうが良いのですが、そのシチュエーションで降下のあるパークを拾えるかどうかは運なので、なかなか難しいところです。デュオやスクワッドで味方と連携しながら使うほうが効果を発揮しやすい印象です。

パークの一覧は以下記事から。

www.fpsggg.jp

まとめ

発売されてからも更新されていくのが当たり前な時代になりました。オーブンベータですので、これからまだまだ変わっていくと思います。

ただ、オーブンベータではありますが、ほぼ完成されバトロワゲームといって良いところまで開発されているな~という印象でした。普通に面白かったですし、これが完成品ですと出されても疑わないレベルでした。

後はバトロワゲームが合うか合わないか、CODが合うか合わないか、ぐらいだと思います。

良くも悪くも現状では、COD:BOのバトロワモードです。他のバトロワとの違いもそこにあります。COD好きな人でバトロワに抵抗がない人は、面白いと思います。

発売日は10月12日です。楽しみですね~。