GameGamingGames

【PUBG】PUBGの本サーバーにトレーニングモードが実装

トレーニングモードマップ

PUBG(PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS / プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ)ですが、先日テストサーバーに実装されたトレーニングモードが、本番サーバーにも反映されました。

初心者の方向けに紹介していきたいと思います。

対象としているのは、ドン勝が取れない人です。

概要

トレーニングモードマップ

トレーニングモード専用の2×2kmのマップとなります。

人数は5~20人のプレイヤーでマッチングされます。

現状ソロモードのみです。

武器・弾薬・アタッチメント・防具・投擲武器が準備されています。

ダメージは入りますが、倒されてしまうことはありません。

車両や、各武器の練習場なども存在します。

パラシュートでの降下練習も可能です。

始め方

PUBGロビー

モードを選択するUIの一番上に、TRAININGのボタンがあります。

こちらを押すとマッチングがスタートします。

トレーニングモード開始前

マッチ開始前、とカウントが出ていますが、この状態ですでに動けますしアイテムも拾えます。

マップ

マップ大

以下、名前ありの場所です。

  • 戦闘操作
    • 800m Range
    • 400m Range
    • CQC Range
    • Urban Combat
    • Grenade Pit
  • 動作
    • Movement
    • Race Track
    • Docks
  • その他
    • Parking Lot
    • Gas Station
    • Bridge

800m Range

800

800メートル射撃場武器前

射撃場4スコADS

遠距離の射撃場です。800メートルの印まであります。

遠距離の敵に対して、弾道がどうなっているかの確認ができますね。

800メートルの的はかなり遠いので当てるのが大変です。

また実際のマッチ中の距離感なども図りやすいですね。

400m Range

400

400ads

マップの左下には400メートルの射撃場もあります。

微妙に動いている的もあります。こちらで偏差の確認ができますね。

初心者の方はまずこちらで撃ってみるのが良いかと思います。

800mのほうはリスポーン地点に近く、人も多いので普通に撃たれます。

最初だけかもしれませんが、400mのほうが人が少ないので集中して撃てます。

CQC Range

400

400

近距離で射撃できるエリアです。

ハンドガンなどの武器が置いてあります。

くるくる動いている的に当てると、的の色が変わって逆側になります。

的は一定の動きですが、初心者の方には、動いているものが狙っている場所に来るのを待って撃つ、という練習になりますね~。

Urban Combat

近接

建物戦を練習できるエリアです。

野良でやっているとあんまり人が来ないですね。

フレンドと一緒にマッチングできれば、ここで建物戦でどこを注意してるかなどを、実際にやってみてもらいながら教えてもらえるのですが…。

Grenade Pit

投擲

投擲2

投擲の練習ができるエリアです。

PUBGはグレネードがかなり強いです。

先に建物をとられている場合、そこにグレネードを投げられるかどうかは結構重要です。

また、お互いが遮蔽物の裏にいる状態でにらみ合っている時にも非常に有効なのがグレネードです。

ここには建物の窓を模した壁などが立っているので、屋内の窓を狙うような感じで、狙った場所に投げられるように練習できます。

Movement

move1

2

move途中

moveフィニッシュ

移動動作の確認ができます。

ジャンプで飛び越えられる高さなどもわかりますね。

画像以外の場所では台がいくつもあって、助走をつけてジャンプするとギリギリ届く距離に配置されていたりと、移動動作の練習ができます。

実際のゲーム内でも届く届かないの判断がしやすくなりますね~。

Race Track

レース

レース側パーキング

Race Trackはその名の通りレーシング場です。ジャンプ台や回転台もあります。

PUBGの車は意外と運転が難しいです。

よく事故ります。

まずは舗装された道路で動作を練習するのが、初心者の方には役に立つかと。

ジャンプ台などもあるので、単純に飛ぶのも楽しいです。

ゲーム中でも間違えて崖から飛んでしまったり、逃げるときにもうしょうがないで飛ぶことがあります。

どれぐらいダメージを受けるのか、なども試しておくとよいでしょう。

Docks

ボート場所

ボート

ボートが止まっています。

海上でのボート練習ができます。

Parking Lot

駐車場

車が止められています。

あとガソリンも置いてあります。

ここに来なくても、そこかしこにスクーターなどが置いてあるので、あんまり意味ないですが。

Gas Station

地図拡大

Bridge

きれいな橋の写真

きれいな橋の写真

橋の上から

PUBGの橋といえば検問ですね。

といっても、このモードではなかなか検問に会うことも検問することもないとは思いますが、橋の途中に障害物があるのは実戦と同じなので、できるだけ射線を切って走る練習をするのが良いと思います。

Off Road

オフロード

Off Roadはマップ外周を走っている道です。

2km×2kmだと意外と広いので、ドライブが楽しめます。

あと砂漠マップMiramar(ミラマー)の道路に近い感覚がありますね。

アイテム

地図拡大

マップのB-J(右下)の区画には倉庫や訓練場があり、武器・防具・その他物資など全てならんでいます。

アイテムは1か所だけではなく、いろんな場所に置いてあります。各射撃場の前や倉庫中にもあります。

好きな武器を選んで試し撃ちしましょう。

アタッチメントと武器の組み合わせはしっくりくるものがあったほうが本番で迷いなくファームできるので、把握しておきたいところです。

またマップ内にはマッチングした他の人がいます。動く敵相手にどのように弾が飛ぶのか試してみましょう。

■武器 銃器

■回復 回復

■アタッチメント アタッチメント

■防具・バッグ 防具

■弾薬 弾薬

パラシュート

■パラシュート開始用の小屋1 パラシュート外観1

■マップ パラシュートマップ

■パラシュート開始用の小屋2 パラシュート場所2

■デスクでFキー(使用キー)を押すと… パラシュート開始場所

■飛びます。 パラシュート飛び

マークがついた建物の中に入るとモニターや飛行機の模型が置いてあるデスクがあり、そこでFキーを押すと、飛行機から飛び出した瞬間と同じように、上空にからリスポーンします。

マップ上にもパラシュートのアイコンがでているのですぐにわかります。中央だけでなく端にもあるので飛んで戻ってきたりができます。

パラシュートでどこまで飛べるかや、その速度、ウェーブを描くように操作して最速で降りる練習など、色々で来ますね。

マッチ終了

マッチ終了

マッチング待機時間が最大5分、プレイ時間25分で終了です。

終わるとなぜかドン勝画面がでます。

まとめ

マッチ終了

PUBGでドン勝を目指すために必要な操作について、基本的な練習がほぼできるモードですね。

  • 通常の移動操作
  • アイテム欄の操作
  • 射撃操作
  • 投擲武器操作
  • 武器の持ち替え操作

このあたりの操作は初心者の方にはなれないと難しいので、このモードで繰り返し練習するのが良いかと思います。

このモードでは立ち回りの練習(移動ルートの選定など)はできないので、基本操作がある程度わかったら、通常のマッチにチャレンジするとよいと思います。

トレーニングモードは本当に良いですね~。半年前にあったらな~…とちょっと思ってしまいました。

ただこれがあるおかげで、新規参入の人は以前よりは入りやすくなったと思います。

PUBGを普通にプレイしていると、一発も銃を撃つことなく死んでしまうことがあります。バトルロイヤルなので、死んでしまえばそれで終わりです。初心者の方にとっては結構つらいところがあります。

FPSはよく死に覚えなんていいますが、他のゲームならばそれでよいのですが、バトルロイヤルの場合、FPS初心者の方にはそれではかなり厳しいですよね。

このモードが常設されれば、初心者の方にはかなり助かるはずです。

あと、PUBGの撃ち合い時に結構大事なのが、リーンしながら撃つことです。

デフォルトだとQが左リーン、Eが右リーンですが、このQキーを押しながら少し移動する、などは初心者の方にはキー操作が難しいので練習が必要です。

もう一つ難しいのがリコイルコントロールです。これは各武器ごと、各アタッチメントごとに変わるので、自分の得意武器を見つけて、練習しておきたいところです。

必要な動作とそのキーバインドを自分なりに探すのが重要なのですが、死なずに長時間自分のペースで練習できるモードがこれで登場したので、以前に比べればかなり参入しやすくなりました。

トレーニングモードで操作に慣れたら、期間限定のウォーモードで実際の撃ち合いをしてみるのもいいかと思います。こちらは倒されても終わりではないポイント制のチーム戦なので気楽にやれるのではと思います。

その上で通常マッチにのぞむと、初心者の方で苦しんでいる方でも、ドン勝できる可能性が上がっていくと思います。